本文へスキップ

石けん屋ドッとこむは、坊っちゃん石鹸などお肌に優しい石けんや化粧品をネット通販するショップです。

電話でのお問い合わせは04-7188-2171

メールでのお問い合わせはこちら

あびこ便り

  更新日:24/3/9  
 
石けん屋ドッとこむ(=竃セ和)が
毎月発行している社報のページ
2005(H17)/8以降は休刊中です。
最新号
 17年 8月号  特集記事   来月、コウノトリ野生復帰
             編集後記   休刊のお詫び
 (家庭の事情により今号をもって休刊させていただきます)
バックナンバー
 02年 7月号  特集記事  離陸する柳田國男
              第4回柳田國男ゆかりサミット
              国際シンポジウム
              「柳田國男の普遍性」を聞いて
              神野藤昭夫氏 寄稿

 17年 7月号  特集記事  古利根の自然を守る会の歩み
            編集後記  主張することが外交
 17年 6月号  特集記事  いよいよ今秋、豊岡市で
                   コウノトリ野生復帰
            編集後記  福知山線事故に思う
 17年 5月号  特集記事  東京の枝垂桜
             編集後記  ガス田試掘を守る方法
 17年 4月号  特集記事  あびこ Video Festa 2005
             編集後記  中国の強さと脆さ
 17年 3月号  特集記事 10回を数えた手賀沼エコマラソン
             編集後記 アメリカの正義に対抗すべし
 17年 2月号  特集記事 NHKテレビ「里山 命めぐる水辺」
             編集後記 インド洋大津波の被災者を悼む
 17年 1月号  特集記事  ジャパン・バード・
                   フェスティバル 2004
             編集後記  国のかたちを表す新憲法を
 16年12月号  特集記事  手賀沼統一クリーンデー
             編集後記  中国と北朝鮮には
                    強硬対応しかない
 16年11月号  特集記事 雨でも鮮やかな立山の紅葉
             編集後記 拉致の幕引きを狙うか小泉政権
 16年10月号  特集記事 アサザプロジェクト
             編集後記 米軍の変革

以下は別ページです。
平成16年平成15年平成14年
平成13年平成12年
12年8月号以前については、
ご要望に応じてFAXします。(各々B5で4頁)

セスナから見た手賀沼。左側が我孫子市、
右上側が沼南町、右下側が柏市(1996.1.1)

石けん屋に転業以来
 20年間唱え続けているキャッチフレーズ・・・・

きれいな手賀沼を取り戻し、
 健康な子孫を残す為に、
 石けんを使いましょう。
「私ひとりぐらい・・・」と思わずに、
 「私達ひとりひとりが・・・」
 と考えて生活しましょう。

安全な暮らしは
 身近なことからひとつずつ
 ・・・先ず石けんを使いましょう。
あなたとわたし、
 手と手をつないで、住み良いくらし。


記入欄方式のメールはこちらから
  

ショップ情報

石けん屋ドッとこむ
(株)明  和

〒270-1121
千葉県我孫子市中峠2052
TEL.04-7188-2171
FAX.04-7188-6545
info@sekkennya.com
→会社案内