無添加で安全な化粧石けんである坊っちゃん石鹸(旧称:釜出し一番石鹸)についてのマニアックな情報。
石けん屋ドッとこむでは@428円でネット通販しております。


坊っちゃん石鹸(釜出し一番石鹸)の蘊蓄/石けん屋ドッとこむ

東北石鹸佐藤工場の公式サイト(廃業に伴い閉鎖)から転載させていただきました。

 坊っちゃん石鹸 175g @385
坊っちゃん石鹸 175g  単価 428円

【其の一】僕の名前の由来を教えてあげるね。
 「釜出し一番石鹸」のマーク、僕「坊っちゃん」の名前は、夏目漱石のファンだった先代が小説「坊ちゃん」からもらって付けてくれたんだ。石鹸に刻印されている僕の顔は、お父さんが生まれた時、先代が描いてくれた似顔絵がもとになっているんだよ。
【其の二】創業80年、坊ちゃんマークはずっと続いているんだ。
 創業は大正末。その時代「釜出し一番石鹸」は、絹織物を洗うための高級石鹸だったんだよ。その後、先代が原料や作り方を研究して、顔や体、食器などを洗えるようにしたんだ。二代目のお父さんは、受け継いだ技術をもとにその製法・素材にこだわり続けながら、良質な石鹸づくりを目指しているんだ。
【其の三】丹精込めて創られる8日間。
 「釜出し一番石鹸」は、仕込みから出荷まで14もの工程を経て、みんなのもとに届けられるんだ。出来上がるまでには8日間という日数がかかるんだよ。その一つ一つの工程に、お父さんの「技」と「心」が込められているんだ。
【其の四】お医者さんもすすめる「釜出し一番石鹸」
 僕ね、全国の人達から「釜出し一番石鹸」が肌にとってもいいっていうお便りをいっぱいもらうんだよ。ニキビが出なくなったとか、アトピーがよくなったとか、みんなすごく喜んでくれているんだ。お医者さんもすすめる石鹸だから、安心して家族みんなで使ってみてね。
【其の五】包装フィルムに付く水分も手作りのしるし。
 1つ1つ手作りで造る石鹸は、機械で造る石鹸よりも水分含有率が高いんだ。だから、包装フィルムには、たくさんの小さな穴を開けて、水分を蒸発させるように工夫してあるんだよ。気温によっては包装フィルムに水分が付いている事もあるけど、それは、手づくりのしるしでもあるんだ。
【其の六】坊っちゃんのふるさと
 宮城県仙台市若林区三百人町45にある「東北石鹸佐藤工場」で毎日生まれているんだ。

【其の七】坊っちゃんが生まれるまで。
 一日目:原料(牛脂とヤシ油)〜仕込み、二日目:釜焚き〜鹸化〜塩析〜静置、三日目:攪拌〜枠出し、四日目:冷却、五日目:枠抜き〜段切り〜棒切り〜乾燥、六日目:駒切り〜乾燥、七日目:成型〜包装、八日目:箱詰め〜出荷。
【其の八】坊っちゃんの歴史
 大正初期:創業者の修行、大正12年:佐藤石鹸製造所設立
 昭和13年:東北石鹸工業となり移転
 昭和29年:東北石鹸佐藤工場となる
 平成21年3月 東北石鹸佐藤工場 廃業
 平成21年4月 畑惣商店の新工場 操業開始(東北石鹸佐藤工場の製造設備を継承)
 平成21年8月 畑惣一郎商店のホームページ公開

 「商品一覧表(洗面用石けん)」へ   石けん屋ドッとこむのホームページへ 
 「坊っちゃん石鹸の詳細説明」のページへ戻る
初回アップロード 2003/3/21   更新日 2014/3/30